日本の布の衣

布と素材 -material-

日本の布の衣では、
すべてのデザインが
着物に使われている
巾の狭い反物から仕立てられています。

巾の広い生地から仕立てる
洋裁の衣服からすると、
歩留まりが良いとは言えない
巾40cm程の小巾の反物も

布巾を生かし、
直線裁ちで仕立てる着物では
布の耳を生かして強度を持たせ、
布を無駄なく使うことができるため
合理的な布巾です。

また、こうした仕立てにより
一枚の布を永く着続けることができるからこそ、
高級品とされている絹を
肌着や裏地、着物や帯や羽織にと
ふんだんに使い、
身に纏うことができたのだと思います。

日本の布の衣では、そういった
「直線裁ちの衣服ならではの特別。」
を味わっていただきたくて、
主に絹の布を使い、
衣服を仕立てています。

その土地の風土や時代背景などによって
糸の作り方、織り方、加工の仕方など
様々な技術が生み出され
同じ絹という素材を使っていても、
その表情は豊かです。

そんな絹織物の個性や魅力を
お届けしたいと思います。

主な絹素材について

手織り真綿紬反物

紬 -tsumugi-

ところどころに糸節のある、
素朴で味わい深い布。
着込んで行くほどになめらかな肌触りになり、
時とともに布を育ててゆく
楽しさも味わえる生地。

>> 紬 -tsumugi- の商品一覧へ

絽白生地反物

絽 -ro-

透け感のある、さらっとした肌触りが
見た目にもお召しいただいた際にも
涼やかな生地。

>> 絽 -ro- の商品一覧へ

黒染め縮緬反物

縮緬 -chirimen-

強い撚りのかかった糸で織られた、
表面に細かな凹凸のある布。
そのため布に陰影が生まれ、
絹ならではの光沢とも相まって、
色味に奥深さを持つ優雅な印象の生地。

>> 縮緬 -chirimen- の商品一覧へ

濡緯羽二重反物

羽二重 -habutae-

緯糸を湿らせた状態で織り上げる
独特な技法によって生まれる、
なめらかな肌触りとしっとりと
した光沢が魅力的な生地。

布の見本帖をお届けしています

絹素材・サンプルチップ画像

-布見本チャート-

主に使用している布の
見本帖をご用意しています。
生地の厚みや光沢、肌触りなど
絹織物の持つそれぞれの個性を
手に触れてお確かめくださいませ。
下のボタンからご注文いただけます。

布見本帖のご注文