日本の布の衣 一枚の布へ、還る服。

「一枚の布へ、還る服。」

はさみをほとんど入れることなく、
一反の布をいつくしみ、仕立てられた着物のように、
布巾、長さを生かし、着る方の体に心地よくなじむよう
手ぬいで仕立てた平面の衣服。
再び一枚の布へ還り、形を変え、丈や幅を変え、
永く着続けることのできる衣服。

日本の布の衣は、着物の在り方を大切にし、
その上で、現代の生活に於いてもすごしやすい
新たな和の形を求めて、試行錯誤をくり返し生まれた
日本の布を素材にした衣服です。

新たな和の装いを提案したいと思っております。
どうぞご覧くださいませ。

日本の布の衣 小川 昌美